超臨界CO2超関連

 

  • Q1. どのような装置ですか?
  • 超臨界CO2を利用し様々な材料を溶解することができる装置です。7.4MPa以上の圧力にすることにより32℃以上で超臨界となるため、天然物から各種有用成分を低温にて抽出することができます。抽出後は圧力を下げることにより気化してしまうので、有用成分をクリーンで簡単に分離することができます。
  • Q2. どのようなメリットがありますか?
  • 炭酸ガスを有機溶媒の代替として使用できます。各用途において、溶媒不要・乾燥不要で環境にやさしいプロセスです。
  • Q3. 超臨界炭酸ガス装置は法令的な部分が必要になりますか?
  • 超臨界CO2装置は、高圧ガス保安法で高圧ガスと定義される圧力、温度のCO2を使用しますので、高圧ガス保安法の適用を受けます。一日に製造する高圧ガスの量(処理量といいます)によっては、設置する所在地の都道府県庁(都道府県によっては消防署)への製造許可申請、届出が必要となります。
    弊社にお問い合わせください。