連続式高圧スラリーポンプ

連続送液
が可能!!

高圧スラリーポンプは、今までプランジャーポンプで送液出来なかったスラリー状溶液や高粘度溶液の高圧安定供給が連続的にできます。本装置は主に2 台の高圧シリンダー、2台の高圧ポンプおよび原料圧送タンクから構成されています。
圧送タンクに充填された原料は圧縮空気の圧力により、自動的に高圧シリンダーに供給されます。2台の高圧シリンダーは交互に運転され、一方が原料を排出している間、他方には圧送タンクより原料が充填されます。充填された原料は追圧ポンプにより30MPaまで昇圧されます(設定圧力は可変)。これによりポンプの切り替わり時に圧力、流量が変動することなく送液ができます。シリンダー内下部には攪拌機が取り付けられており、シリンダー内のスラリー溶液は、攪拌により分離・沈降することなく均一なスラリーとして、供給することができます。系内自動洗浄機能を装備していますので、運転前、運転後の洗浄を自動にて行うことができます。またシリンダーは簡単に分解できる構造となっているので、取り外し分解洗浄が容易です。運転操作はタッチパネルによるグラフィカルヒューマンインターフェースを採用しているので装置の状態を見ながら運転操作することができます。

特 徴

  • スラリー状溶液や高粘度溶液の安定供給が可能
  • 材料切替え時の系内洗浄が容易(自動洗浄機能)
  • 分解・洗浄が容易
  • 幅広い流量調整が可能
  • シリンダー及び原料圧送タンクの下部攪拌により、沈降・分離しない
  • 無脈動での高圧連続供給が可能

 

吐出圧力 ~30MPa
温 度 常温
送液量

0.1~10cc/min

大流量仕様(100cc/min)タイプも有ります

シリンダー容量

200cc×2台

外形寸法 W1,190×D600×H1,350

適用例

●高粘度溶液

●スラリー溶液

※粘度・粒径・濃度並びに使用する溶剤等については御相談下さい。溶剤によっては、パッキンや配管の材質等に変更が必要な場合があります。

 

 

シリンダー構造

フロー